1. ホーム >
  2. 事業分野 >
  3. 道路グループ >
  4. 事例紹介:道路空間

Road 道路グループ

事例紹介:道路空間

道路空間

 『道路』は自動車が通行できる空間ですが,歩行者や自転車の安全・円滑・快適な通行を可能にする空間でもあります。

 また市街地形成にも大きな影響を与え,交通施設,上下水道や電線等のライフラインを収容するという役割も果たしています。道路は空間として私たちの生活を支えているのです。

 このような形で私たちの生活に存在している「道路」を,公共空間という面からも活用できるよう考えていきます。

・歩道整備

・自転車道整備

・駅前広場設計

・電柱地中化設計

人が安心して使える道路をつくります

 道路は人が安心して使えるものでなくてはいけません。

 そのため歩道がない道路に歩道を設置することや,再整備することで,自転車や歩行者への危険を軽減することができます。

 また歩道内においても,自転車と歩行者が接触する事故が多く発生しています。そこで自転車走行位置を分離することで,歩行者にも自転車にも安全な空間を作りだします。

電柱を地中に収納し,空間を有効活用します

 普段目にすることが多い電柱ですが,景観上・防犯上の観点から地中に埋めてしまう地中化が進んでいます。災害時には倒れた電柱が救援活動の妨げになり,観光地ではせっかくの風景も台無しになりかねません。また狭い道路では,歩行者の通行の妨げにもなります。

 観光地から幹線道路など至るところで,電柱の地中化に関する業務に数多く携わっています。

担当技術者から一言

オープンカフェで一息
そうなのです。このオープンカフェも広幅員の歩道に設置されています。電線類は地中化され,街路樹がアクセントとなって,とても美しい街並みが形成されています。
道路には空間機能というものがあります。例えば防災空間・ライフラインの収容空間・人々が集まる情報交換の場など色々なことに利用できます。
道路空間の活用方法が,街の雰囲気を左右するかもしれません。私たちの心を豊かにするかもしれません。私はこの仕事を誇りに思っています。

主な業務実績

周辺の景観との調和を図った三宮旧居留地の街路設計

旧居留地内雨水排水施設実施設計業務委託[神戸市 建設局 平成19年度]

 兵庫県三宮の旧居留地において,既設歩道を拡幅する設計を行いました。歩行者の快適性を高めるだけでなく,周囲の景観とも調和を図っています。

緑豊かな箕面公園での電線地中化設計

箕面公園 電線類地中化実施設計業務委託[大阪府 池田土木事務所 平成21年度]

 明治の森箕面国定公園の一角に位置する箕面公園では,道路上の電柱を地中化する設計を行いました。歩行性や景観性を向上させることで,四季を通じて自然豊かな地区を価値あるものとしています。

その他業務実績

  • 業務名
  • 発注者
  • 設計年度
  • 概要
業務名
主要地方道神戸三木線歩道設置設計業務
発注者
兵庫県加東土木事務所
設計年度
平成23年度
概要

主要地方道神戸三木線において安全な歩行者交通を確保することを目的とし,現道拡幅により新設歩道を設置する設計を行いました。

業務名
箕面公園 電線類地中化実施設計業務委託
発注者
大阪府池田土木事務所
設計年度
平成21年度
概要

明治の森箕面国定公園において景観に配慮した公園整備を行うことを目的とし,電線類を地中へ埋設する電線共同溝及び照明施設等の配線計画を実施しました。

業務名
明石町筋道路改良修正設計
発注者
神戸市建設局
設計年度
平成21年度
概要

神戸市明石町筋において,道路空間の見直しを行い,歩行者の快適性を高める歩道設計を行いました。

業務名
神戸駅前線他1線バリアフリー対策詳細設計業務
発注者
神戸市建設局
設計年度
平成21年度
概要

市道神戸駅前線等において,バリアフリー対策を目的とした歩道詳細設計を行いました。

業務名
JR神戸駅北側駅前広場再整備測量設計
発注者
神戸市建設局
設計年度
平成20年度
概要

JR神戸駅北側駅前広場およびバスターミナルにおいて,自転車及び歩行者環境の改善に向けた検討を実施し,駐輪場の増設やバスターミナル,駅前広場の壁面,花壇等の設計を行いました。

業務名
JR神戸駅周辺自転車環境整備設計検討資料作成業務
発注者
神戸市建設局
設計年度
平成20年度
概要

JR神戸駅周辺道路における快適な自転車歩行者交通を確保することを目的とし,自転車ルートを見直して整備案を検討しました。