1. ホーム >
  2. 事業分野 >
  3. 河川・砂防・港湾分野 >
  4. 事例紹介:防災設計

Rivers and Harbors 河川・砂防・港湾分野

事例紹介:防災設計

防災設計

急峻な山地を切り拓き都市化が進展した結果、私たちの生活は自然災害リスクと常に隣り合わせです。しかし、全てのリスクに対してハード整備で対応することは困難であり、「減災」も視野に入れたソフト対策の重要性が増しています。 私たちは、これからも人々が「安全」「安心」に暮らせるよう、ハードとソフトの両面を考えながら日々「防災に関する調査・計画・設計」に取り組んでいます。
・斜面崩壊対策、地すべり対策
・道路防災対策・落石対策など

斜面崩壊を防止し、安心して暮らせるまちづくりをめざします

愛東外地区急傾斜地崩壊対策設計 [滋賀県 平成28年度]
民家の背後地に広がる斜度40度の急峻な斜面について、住民の安全な暮らしを確保するための法枠工及び待受式重力式擁壁の設計を行っています。地形条件および土質条件から災害規模、被害区域を設定し、経済性・施工性に優れた対策工法を提案しています。

豪雨災害により崩壊した斜面の調査・設計を行い、人々の安全な生活を守っています

斜面災害復旧調査測量設計 [兵庫県 平成30年度]
平成30年7月の西日本豪雨により工場敷地内の盛土法面が崩壊したため、法面対策の測量・調査・設計を行っています。地形条件および土質条件から災害規模、被害区域を設定し、経済性・施工性に優れた対策工法を提案しています。

担当技術者から一言

『シェイクアウト』に注目!
御嶽山の噴火再開や東日本大震災、想定される南海トラフ地震や首都直下型地震対策などで自然驚異(特に地震対策)に対して、“いざという時の”防災対処に関心が集まっています。あなたは、このいざという時にきちんとした対処がとれる自信がありますか?自宅、職場、通勤中の電車や車で、お昼の飲食店で…。どこで災害に遭うかわかりません。今、「シェイクアウト」という防災訓練方法が各地で注目されています!

主な業務実績

道路通行および施工時の安全性に配慮した斜面対策の提案

国道482号 道路法面設計 [兵庫県 平成24年度]
国道482号の県境付近に約6kmに渡る通行止め区間があります。この区間は、豪雪地帯であり、雪解け時期には雪解けと共に落石を引き起こすため、通行の安全性を確保するために斜面対策および落石・雪崩対策工を計画しました。 また、一部区間では風化の著しい巨岩が道路にせり出しており、安全に掘削除去する工法を提案しました。

効果的・効率的な対策工法の提案

小島地区急傾斜地設計 [兵庫県 平成26年度]
海が近い県道3号に面した集落の背後斜面は、海からの潮風が強く吹き込み、冬季には雪も降る厳しい環境にあります。民家の裏山斜面は一部、岩盤が確認できますが、非常にもろくなっており、幾度となく落石被害が発生しています。写真の対策工は既に設置されているもたれ式擁壁と落石防護柵です。今現在、最もよく使われている対策施設の一つであり、地域住民の安全な暮らしを日々まもっています。

道路交通に対する安全を確保するための落石対策の提案

482号落石対策施設詳細設計業務  [兵庫県 平成28年度]
毎年、大雨や雪解け等により落石が頻発する区域について、道路交通への安全性を確保するため、落石対策工の提案をしています。

その他業務実績

  • 業務名
  • 発注者
  • 設計年度
  • 概要
業務名
一般県道斜面災害復旧調査測量設計
発注者
三重県
設計年度
平成29年度
概要

平成29年台風21号に伴う集中豪雨により道路に隣接する斜面が崩壊したため、法面対策の調査・設計を行っています。地形条件および土質条件から災害規模、被害区域を設定し、経済性・施工性に優れた対策工法を提案しています。

業務名
(国)482号
落石対策施設詳細設計業務
発注者
兵庫県
設計年度
平成28年度
概要

国道482号線の道路災害防除を目的とした落石対策の詳細設計を行っています。対象地区は落石被害が頻発しており、非常に危険な状態であったため、落石調査およびそれに基づく対策工の比較検討及び施設設計を提案しています。

業務名
畦田2期地区
地すべり解析業務

発注者
和歌山県
設計年度
平成28年度
概要

地すべり対策事業に基づき、当該地区において対策工施工済みブロックの安定解析の実施(対策工の効果検証)、および未施工ブロックにおいて既往調査成果を基に対策工の配置確認と抑制工の詳細設計を実施しています。

業務名
(急)小島地区調査設計業務
発注者
兵庫県
設計年度
平成26年度
概要

測量および土質調査を実施し、急傾斜地対策の詳細設計を実施しています。落石被害が頻発しており、非常に危険な状態であったため、斜面対策に加えて落石調査およびそれに基づく対策工設計を行いました。

業務名
(国)482号道路法面工予備設計業務
発注者
兵庫県
設計年度
平成24年度
概要

約6kmにわたる通行止め区間の早期通行開始を図るため、現地調査を実施し、道路災害防除計画の立案を行いました。対象区間内の対策緊急度を併せて検討し、路線全体の事業スケジュールにも配慮した計画としました。