1. ホーム >
  2. 事業分野 >
  3. 構造グループ >
  4. 事例紹介:調査・点検・診断

Structure 構造グループ

事例紹介:調査・点検・診断

調査・点検・診断

日本の道路橋は、その多くが高度経済成長期を中心にして大量に建設されており、近々建設後40~50年が経過することになり、劣化損傷が多発する危険性が高まっています。
私たちは、このような既設橋の安全安心の確保のために、点検や診断、各種詳細調査、および既設構造物の長寿命化修繕計画に取り組んでいます。
・橋梁点検および診断
・詳細調査
・長寿命化修繕計画

確かな目による点検・調査・診断を実施します

橋の点検・調査・診断においては、経験に基づいた知識・技術が必要となります。
私たちは、経験豊富な技術者による点検の実施、劣化機構や損傷原因の解明に必要な詳細調査の提案・実施、およびそれらの結果を踏まえた部材や橋梁の健全性の診断を行っています。

最適な長寿命化修繕計画の提案をめざします

橋梁点検での診断結果をもとに、その地域に見合った橋の長寿命化修繕計画を提案します。つまり、どの橋をどの順番で治すのか、健全度、重要度、周辺環境などから判断し、最も効率的で効果的な修繕や架替の計画をめざします。
また、維持管理の効率向上を目指し、市町村の地域特性に合った「点検マニュアル」を作成し、橋の管理・運用支援を行うための管理ツールの開発・導入を行った事例もあります。

担当技術者から一言

これまで橋の修繕は、“悪くなってから治す”という「対症療法」でしたが、現在では修繕などの対策は“早い段階で治す”「予防保全」が効果的であることが知られています。
つまり、橋も人の健康管理のように定期的な診断を行い、劣化や損傷の原因を早期に発見し早めの手当てをしてあげることで、維持管理のコストの引き下げだけでなく災害や事故を未然に防げることとなり、結果、橋を適正に長生きさせることが可能となります。
私たちは言わば「橋のお医者さん」ですが、物言わぬ橋だけに、その症状から患部とその原因を的確に突き止める総合的な技術が必要となります。
これからも「安心、安全、快適で活力に満ちた生活」を守るため、日々、技術研鑚に努めてまいります。

主な業務実績

沿岸部に架かる国道の橋梁点検

本業務は、国道42号他4路線に架かる141橋に対する橋梁点検業務です。また、沿岸部であることから塩害に対する詳細調査、点検において発見した鋼材の疲労損傷に対する詳細調査等も併せて実施しました。

橋梁の長寿命化修繕計画の策定

本業務は、従来の対処療法型から予防保全型による計画的な維持管理への転換を図り、橋の長寿命化、ライフサイクルコストの縮減を目的として、既設橋の点検を実施したうえ、その結果を踏まえて長寿命化修繕計画を策定しました。

その他業務実績

  • 業務名
  • 発注者
  • 設計年度
  • 概要
業務名
管内一円 防災・安全交付金(橋修)業務委託 中東24防災安全(橋修)
発注者
京都府
設計年度
平成25年度
概要

橋梁の損傷及び変状を早期に発見し、安全・円滑な交通を確保するための橋梁に関わる効率的な維持管理に必要な基礎資料を得るため、道路施設の中でも特に重要な橋梁について点検を行いました。

業務名
南部地区橋梁点検業務
発注者
国土交通省
設計年度
平成25年度
概要

本業務は,橋梁の損傷・変状を早期に発見し,安全かつ円滑な交通を確保するための橋梁に関わる効率的な維持管理に必要な基礎資料を得ることと,コンクリート片の落下等による第三者被害の防止を目的として,国道24号,26号,42号,BP24号,BP26号の141橋に対する橋梁定期点検,打音検査,塩害特定点検および非破壊検査を実施しました。

【技術提案受注】

業務名
橋梁長寿命化修繕計画策定業務委託
発注者
滋賀県
設計年度
平成24年度
概要

市が管理する橋に対し、従来の対症療法型の修繕ではなく予防保全型の修繕による計画的な維持管理への転換を図り、橋の寿命を延ばすことによるコスト縮減を実施するため、橋梁点検を実施し健全度を把握、地域特性を考慮した重要度を決定し、長寿命化修繕計画の策定を行いました。

業務名
主要地方道 茨木摂津線 外 橋梁点検業務委託(その2)
発注者
大阪府
設計年度
平成24年度
概要

府が管理する橋25橋について,大阪府の橋梁定期点検要領(案)に基づき一次点検:遠望目視点検、二次点検:橋梁点検車等を使用した近接目視点検を実施しました。診断結果として、緊急性のある損傷を有する橋2橋を抽出でき、対応について整理しました。

業務名
主要地方道 大阪中央環状線外 橋梁の保全(更新)のあり方検討業務委託
発注者
大阪府
設計年度
平成23年度
概要

府が管理する橋の長寿命化後の保全・更新手法の判定および保全優先度の検討、橋梁点検ハンドブックの作成、埋設型伸縮装置の維持管理手法の検討、橋面舗装施工管理マニュアルのとりまとめを行いました。

業務名
立花陸橋耐震補強設計等業務委託
発注者
兵庫県尼崎市
設計年度
平成23年度
概要

市が管理する橋28橋について橋梁点検を実施し、目視点検・調書作成を行い、損傷が深刻な橋を4橋を抽出し、対応について整理しました。