1. ホーム >
  2. 事業分野 >
  3. 河川港湾グループ

Rivers and Harbors 河川港湾グループ

快適な水環境の創造と安全・安心な国土形成をめざして

河川・砂防・防災・港湾・漁港・海岸の調査・計画・設計

社会資本整備は、今後ますますインフラの長寿命化や防災・減災への取り組みが求められています。また、ゲリラ豪雨、土砂災害、大規模地震、火山噴火など、過去に類を見ない規模の自然災害への対応策も必要となってきています。

修成建設コンサルタントは、地域密着を掲げながら50年以上の長きに亘り国交省や自治体の委託を受け、社会資本整備という「モノづくり」に知恵を提供する立場で、地道ながら着実に経験を積み重ねてきました。この実績を強みに、地域での新たな課題に取り組んでいます。

その中で河川港湾グループは、河川・砂防・防災・港湾・海岸分野のエキスパートとして、人々が「安心・安全・快適」に暮らせる川づくりの提案、「ハード・ソフト」の両面を考えた砂防計画、「自然環境」や「耐震・津波」をキーワードとした海岸設計などに取り組んでいます。

河川港湾グループマネージャー 漆谷 悟

技術者 急募!(砂防・防災・港湾・漁港・海岸のいずれかの設計経験者)

【河川港湾グループの特徴】
河川や港湾など、それぞれが専門分野のプロフェッショナルを自負。その中で、互いに関連する領域は協力・尊重しながら、さらに高みを目指して切磋琢磨しています。
また、仕事の重なり具合いは、毎週の工程ミーティングで調整し、フォロー体制もしっかり充実。チームとして、気軽に相談・意見交換できる風土が強みであり、上司と部下が建設的な意見交換を頻繁に行っています。“やるべき時はやる”“遊ぶ時は思い切り遊ぶ”という、仕事とプライベートにメリハリをつけている人が多いです。

【大手コンサルとの違い】
“大きな機械の小さな部品”で終わりたくない!
“組織に埋没”したくない!
いつまでも“脇役”でいたくない!と思っている方は大歓迎。
「業務の管理技術者として、采配を振るいたいのに……」
「いつかはチームを率いるエースになりたいのに……」
もし、そんな“機械を動かす人”になりたいと考えているなら、ぜひ一緒に切磋琢磨しましょう!

【同業コンサルからの転職も多数】
中途社員のほとんどが同業コンサルから。
それは、
「これまでのスキルを存分に発揮したい」
「いろいろな分野の業務に挑戦し、守備範囲を広げたい」
「管理職となって出世したい」
など、理由はさまざま。
同業コンサルと遜色ない仕事内容と待遇。多くの中途社員が勤続年数・年齢に関係なく意見・相談できる環境が自慢です。

【キャリアアップ】
当グループでは資格取得に特に力を入れており、年配から若手まで毎年ほぼ全員が技術士やRCCMなどの資格試験にチャレンジ。
何歳になっても“技術者は技術者”!
技術士の複数分野を受験するなど、貪欲にキャリアアップを積み重ねようとする前向きな姿勢が、グループの勢いに繋がっています。
特に20~30歳代は、これからの技術者キャリアを決める重要な時期。キャリアアップを積める環境で、共にチャレンジしませんか?

【条件】
・勤務地は大阪です!転勤は原則としてありません!
・社会人大学院への入学をサポートする制度があります!
・賞与実績:8ヶ月/平成26年度、平成27年度、平成28年度!
・技術士やRCCMは試験費用の補助制度あり!資格手当ても充実!
・詳しくは、“キャリア採用情報”をご覧ください!

事例紹介

河川計画

地球規模での気候変動、温暖化に起因していると考えられる近年の集中豪雨や異常渇水は、我が国の川の自然の営みに影響を与え、各地で人々の生活にも支障をきたしています。私たちは、ひとつひとつの川の持つ歴史や文…

河川設計

治水事業は、インフラ整備の中でも、国民の生命と財産を守る根幹となる事業です。近年豪雨災害の頻発により、まだまだ治水整備が十分でないことが顕在化しています。一方、既往の治水施設の老朽化進行による治水安全…

砂防設計

近年の異常気象で自然災害のリスクが拡大するなか、急峻な山地に囲まれた我が国において人々が安全に暮らすために、「砂防」は必要不可欠な存在の一つです。私たちは、砂防えん堤整備などのハード整備に避難計画など…

防災設計

急峻な山地を切り拓き都市化が進展した結果、私たちの生活は自然災害リスクと常に隣り合わせです。しかし、全てのリスクに対してハード整備で対応することは困難であり、「減災」も視野に入れたソフト対策の重要性が…

港湾・漁港設計

港湾は物流・旅客の輸送、漁業は漁獲物の陸揚げ・輸送を円滑に行うための施設で、経済の発展や暮らしに欠かせない社会資本です。私たちは、防波堤・護岸、岸壁・物揚場、臨港道路、コンテナヤードなどの計画・設計・…

海岸設計

海岸はマリンスポーツなどの「遊び場」の顔や干潟・タイドプールなどの「自然環境」としての顔、また南海トラフ巨大地震による津波・地震災害から人命を守るための「防災」の顔など、いろいろな側面を持っています。…